新宿アートのジャングルジムの火災について。投光器も使用してた

この事件に関しては個人個人で様々な意見があると思います。このブログでは私の考えを述べます。感情的になる部分もあり、見苦しいかもしれませんがよろしくお願いします。なお、以下のブログでは事件の写真、動画は一切使っていません。

本当に悲しい事故がおきてしまいました。私はこの事故を聞き、動画を見て、強い憤りを感じました。

おそらく多くの人が知っているとは思いますが、一応説明を。

新宿区の明治神宮外苑のイベント会場で、日本工業大学が展示していた「人が中に入ることのできる木で作られたジャングルジム」が火事になり、5歳の子供が亡くなりました。ライトを使用していたことから、それが火災原因とみて調べています。

なぜ、火災が起きてしまったのか?正式な発表はありませんが、その状況を知ると様々な問題点がありました。

ジャングルジムは木でつくられており、中はおがくずで囲われた「秘密基地」のような形をしています。そこに明かりをともすために天井にLEDライトを設置したそうです。しかし、事件当日に限っては、LEDだけでなく投光器も使用していたとのことです。

 投光器とはなにか?投光器は非常に強い光を発する照明代わりとして使うものです。パワーにもよるのですが、冗談抜きにヒーターにできるくらい熱くなります。

今回、このジャングルジムで使っていたものはこれだと言われています。

www.googleadservices.com

パワーは少なくはありません。おそらく、非常に熱くなっていたと思います。

また、この投光器とジャングルジムのLEDの電気を同じコンセントから取っている写真があります。たこ足配線です。これは非常に危険です。まず、タップの容量をきちんと守れているのか?また、おがくずの粉が金属の接触部分に入るのではないか?などの問題点が上げられます。トラッキング現象というものです。ほこりなどでもショートしてしまう可能性があります。

LEDの発熱について

「LEDは放熱しない」というのは間違いです。むしろ、普通に放熱します。LEDは半導体ですが、半導体は熱に弱いです。そのため、ヒートシンクがついています。ヒートシンクとは熱を外へ逃がすためのものです。

f:id:himahima1230:20161108000441p:plain

なのにもかかわらず、このジャングルジムのLEDライトは、ちょうどヒートシンクがついているところをテープでぐるぐる巻きにされているように見えます。おそらく、LEDをしっかりとくっつけるためだと思います。ヒートシンクにテープをぐるぐる巻きにする行為はどのような結果を生むかは想像できると思います。

木材に難燃剤は使わなかったのか?

動画を見る当たり、難燃剤は使われていないように見えます。そのあたり、火災が起こる危険性についてまったく考えていなかったのだと思います。それは、学生だけでなく、監督をしていた先生も一緒です。難燃剤は、リサイクルにおいては非常に問題になっています。リサイクルするときの邪魔となるからです。しかし、難燃剤を使っていれば、この事故はこんなに大きくはならなかったかもしれません。

なぜ、火災が大きくなる前に対処できなかったのか?

 いままでの問題点は、学生の知識と経験によるものです。なんにでも、ミスはありますし、「もっと派手に、美しくするために明かりを増やそう」という考えになるのも共感はできます。しかし、なぜこんなにも炎があがってしまったのでしょうか。

私が強い憤りを感じたのは、いまから話す理由からです。

普通、このような遊具は事故が起きる可能性が非常に高いと思います。災でなくとも「風や製作ミスで壊れる」や「ジャングルジムに登ろうとする子供が現れる」などの危険なことが想像できると思います。それを防ぐためにも、必ず一人はそばに監督させるというのは常識であると思います。

もしかしたら、監督員はいたのかもしれません。しかし、炎というのは一瞬で大きくなるようなものではありません。火種が出た時点で気づかなかったのだろうか。

そしていろいろ言われているのが、周りで動画や写真を撮っている人たちです。近くには亡くなられた子供の保護者もいました。子供が中に閉じ込められているのはわかるはずです。なのにもかかわらず、多くの人は周りで野次馬や撮影をしています。

そして何人かの学生はジャングルジムを壊しにかかります。そのときには既に炎はとても上がっていました。ある学生がテレビのインタビューにこう答えていました。

炎がとても上がっていて、熱がすごくて近づけなかった

 どうしてここまでになる前に助けようと動かなかったのでしょうか?あんだけ多くの人がいたということは、助けようと動くことも可能だったはずです。熱で近づけない。人の命がかかっているんです。この場にいた人にしかわからないこともあるとは思いますが、多少やけどをしてまでも救出に全力を注ぐべきだったのではないかと思います。

あの動画をみて、本当に失望しました。なぜ、助けに行かないのだろう。

f:id:himahima1230:20161108002835p:plain

一時期、この画像が世界で話題になったことがあります。なんてすばらしいんだと。このような空気が、あの現場では生まれなかったのでしょうか。

人間は何かがあった時に瞬時に動くことはできないのかもしれません。しかし「今、何が起こっていていま優先すべきなことはなんなのだろうか。」ということを考えることが大切です。

人間が怒られることの多くは「優先順位のミス」だと思います。

みんなは一人のために。一人はみんなのために。

この言葉を忘れないでほしいです。いま、人々は心が冷たくなっていると思います。