見ててきもちい動画 回転しながら削る機械

回転しながら削る機械といったらなにを思いますか?なにが回転するかによって想像する機会が変わると思います。

削る側が回転するのはドリルですね。ドリルの刃が回転して物を削ります。では、刃は固定されてて、削られる側が回転する機会はなんでしょうか?そう、「旋盤(せんばん)」です。

私は工学の人間なので、最近は使いませんが、高校時代、よく使っていました。本当は家に一台ほしいのですが、高いので買えてません。

f:id:himahima1230:20161013232129p:plain

これが旋盤です。知らない人は「なんじゃこりゃ」だと思います。使い方を文字で教えるのは大変なので実際に動画で見てもらったほうが早いです。

簡単にいうと、先ほども言った通り、削られる側が回転するのです。みてると気持ちいですよ

youtu.be

面白いですよね。きれいに削れていきます。穴をあけるときも、ドリルの刃は回転させないでいいんですね。液体が飛んでいますが、これは油で滑りをよくしています。油をかけないで削ると、摩擦でとても熱くなり、煙がでます。

本当は手でハンドルをくるくるまわして、削る刃を金属に近づけて、手動で刃を操作するのですが、この動画は「CNC旋盤」というもので、すべて機械で計算して削っています。

ねじのギザギザとかも作れます。

youtu.be

円柱で金属のものはほとんど旋盤で削ってると思います。身の回りにもあると思うので見てみてください。回転して削るので、細かく線が入っています。

これらは金属を削っていますが、もちろん、木も削れます。

これら「CNC旋盤」のCNCというのは、コンピュータ制御のことを指します。なので、ドリルの刃が回る機械もCNCのものがあります。まぁ見てみてください。

youtu.be

これは金属側は固定され、ドリルの刃が回転し、かつ動いて削っていますね。これは「フライス盤」という機械のCNCになります。これも、元は手で刃を操って削っていました。

これをもっと立体的に応用したのが以下の動画です。技術の進歩はすさまじいですね。

youtu.be

イーグルの頭を直方体の金属の塊から削りだしてしまうんですね。とてもすごいです。

ただ、これら旋盤やフライス盤はゴミがたくさんでます。そして、特に鉄などの削りカスは素手で触ってしまうとすぐにスパっと切れてしまいます。カミソリの刃のように鋭いです。

それにくらべて、型に溶かした金属を流し込んで成型する製法は無駄が無いですよね。しかし、旋盤などに比べて精度は出にくいです。

ただ、旋盤などの削りカスはまた再利用できます。なので、本当に無駄づかいというわけでは無いですね。

このような機械を使うことができれば、自分で好きな部品を作れますね。高校時代にも、シャーペンの部品や、ちょっと無くしたものを作ったりしてました。便利ですよ。

身の回りには「これどうやって作ってるんだろう?」って思うような、とても複雑な形をして、加工が難しそうなものがあると思います。そのようなものはとても意外な製法や、このようなCNCを使った機械で作ってるかもしれません。調べてみるのも面白いですよ!

今日はこれで終わりです。そろそろ、ウォールシェルフの改良版を書こうかな?

では